銀行借入

銀行ごとに異なる審査基準

銀行からお金を借りるというと、消費者金融から借りる場合と比べれば審査が厳しくて借りにくいというイメージがあります。
確かに、銀行の方が審査基準が厳しく設定されているローン商品は多いのですが、銀行の中でもカードローンなど目的自由で借りることができる商品だと、借入額が比較的少額なことが多く審査基準が少し甘くなることはあるようです。
また、銀行ごとに審査基準は異なりますから、A銀行の審査には落ちたけれどB銀行の審査には通ったということは決して珍しいわけではないのです。

審査が甘い銀行はどうやって見つける?

審査が甘い銀行ローンを見つける方法ですが、審査にあまり時間をかけない借入商品を探すと良いでしょう。

例えば、何時までに申し込めば即日融資が可能という商品だと、銀行にとっては時間をかけてゆっくり審査をする時間がありません。
そのため、多くの場合にはスコアリングシステムを採用して、申込用紙に記入する内容をそれぞれポイントとして加算していきます。
一定ポイント以上を獲得すれば審査に通るというシステムになっていて、より客観的に判断できるというメリットや審査に通りやすいというメリットが期待できます。

一方、審査にかかる時間が長くかかってしまう銀行は、一人一人の申し込み用紙をじっくりと慎重に審査するということなので、審査は厳しくなると言えます。
できるだけ審査が甘い銀行ローンを探したい時には避けたほうが良いでしょう。

信用金庫や労働金庫、農協などの金融機関は、低金利で借りられるというメリットがありますが、審査の厳しさという点ではかなり厳しいので、正社員以外の雇用形態で働いている人だと借りることが難しいようです。

また、ローン商品を利用したいと考えている銀行に普通預金の口座を持っていると、審査が少し甘くなることがあります。
銀行の中にはカードローンなどの借り入れ商品を利用する場合には預貯金口座を持っていることが条件となっている場合が多く、口座を持っている人なら借入の申し込みをした即日にお金を借りられるケースが少なくありません。
専業主婦や学生、アルバイトやパートでも借りられることがあるので、そうした事前準備をしておくことで審査が甘くなるローン商品を見つけやすくなります。

給料の振込口座として利用していたり、家賃や光熱費の引き落とし口座として利用している場合には、金利がディスカウントしてもらえるサービスがついていたりするので、まずはメインバンクとして利用している銀行のローン商品をチェックしてみましょう。
更新履歴